支援ボランティア
   お元気さまです。

  先日、「板橋区生活支援体制整備事業」の一環として、

 「成増地域助け合い・支え合い地域づくり会議」に参加した。

 名前からすると、よくわからないのだが、

 要するに、民間の各活動者・団体の、緩やかな連合体を創って、

 地域の人を、より細かに、支えて行こうという事。

  各々の活動として、行っているが、

 横のつながりが無いので、

 横の連携を模索することで、より細かな活動が出来るのではないかという趣旨。

 参加しているのは、民生委員・保護司会・社会福祉協議会構成員、

 町会、商店街等、団体の方。


  地域を支える、多くの民間の人達の、つながり。

 参加してみて、結構一生懸命に、それぞれが活動している事に気づかされた。

  商店街としては、お客様への視点から、

 子供110番、避難難民者受け入れ、食料の提供、

 その他、災害時の対策が、多いです。

  考えてみると、そういった体制を、商店街がとっていることは、

 あまり、知れてはいません。

 今回のような事業を通じて、多くの人に、知ってもらうチャンスだと思います。


  日本の強さは、こう言った草の根的な活動が、

 日本各地で、行われている事。

 「交番」という制度も、日本独特のものです。

 細かな絆を創っていることで、社会の連帯が生まれているのだと思います。


  しかし、この絆は、一方では、うざったいし、いやがられます。

 難しい問題ですが、震災以降、つながりを求める意識が、

 再度、日本の中に、高まったと言えるっでしょう。

  人は,さみしいのです。誰かと、繋がっていたいのです。

 孤独が一番つらい。


                         無限のありがとう   栄
スポンサーサイト
【2017/05/22 14:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<10食品群 | ホーム | 松月院>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sanei777.blog5.fc2.com/tb.php/785-177771f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |