FC2ブログ
セミ(蝉)
  お元気様です。

  最近、たくさんのセミの死骸を、見つけます。

 最後のひと鳴きをし、力尽きてしまうのでしょうか。

 セミは、8年で孵化し、10日で死ぬと言われます。

 なんてはかない命なんでしょう。

 8年も土の中にいて、やっと出てきて孵化したら、

 すぐ死んでいく。

 宿命とはいえ、悲しいものです。


  セミにまつわる俳句などは、やはり悲しい気持ちにさせられます。

 私が、一番好きなのは、


  「明日死ぬる 気配も見せぬ 蝉の声」


 です。

 明日死ぬかもしれないが、そんなことは全く感じさせなく、

 一生懸命、一心不乱に鳴いている

 明日がどうなるか、分からないのだから、

 今日することを、きちんとしよう。

 一日を、生き切っているセミ。


  
  「この秋は 雨か嵐かしらねども 今日の務めに 田の草を取る」


 二宮尊徳の短歌だと思いましたが、これも同じような意味だと思います。



  大いに、見習いたいものです




             無限のありがとう   栄




スポンサーサイト



【2011/09/19 14:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<帰宅難民 | ホーム | 朝の自転車>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://sanei777.blog5.fc2.com/tb.php/334-0bbcd564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |