FC2ブログ
ラクビー
   お元気さまです。

  ラクビーワールドカップが、開幕しました

 日本は絶好調で、2連勝

 特に、力の差があると言われた、アイルランド戦に勝利したことは、

 世界中に、驚きを与え、日本強しの印象を与えました。


  観戦して感じたことは、タックルに、2人掛かりで、行っている事でした。

 一人が上半身に、一人が下半身に。

 いくらフィジカルが強い外人でも、倒されますよね。

 それは、後半終了まで、続いていました

 肉体の鍛錬と、相手チームの研究の賜物だと思います。

 そして、日本らしい、速いパス回し。

 とても、素晴らしかった


    感動をありがとう



                          無限のありがとう   栄
スポンサーサイト



【2019/09/30 09:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
お彼岸
   お元気さまです。

  彼岸が終わり、本格的な秋へ。空の青さも、変わりました

 私の家では、彼岸とお盆に、親戚廻りをする習慣があります。

 各親戚の仏壇に、手を合わせに行くのです


  私が行く軒数は、5軒。相手が来るのは、6軒です。

 ご仏前を包み、行き来します。

 線香をあげ、お茶などを頂き、談笑して帰ります。

 もう何十年?も、続いています。

 良い習わしなのかと思うのですが、無理も出てきています

 お客が来る時間に、家を空ける事は出来ないし、

 こちらが行く時には、自宅は、留守に成るし。

 短い日にちでの行き来には、家族が多くいないと、成立しなくなってきました。

 また、高齢化もあり、次の世代が行うかと言うと、疑問も

 
  集団の繋がりが、個人の繋がりへと変化していく中で、

 色々なことが無くなって行くんだと、肌で感じる、今日この頃です。



                        無限のありがとう   栄
【2019/09/27 09:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
   お元気さまです。

  夏の終わり。

 蝉の鳴き声も、ものさみしく、感じます。

 公園では、蝉の死がいが、多く見受けられます


  蝉の一生。

 蝉の生態は、意外と知られていません。

 樹に産み付けられた卵がかえり、幼虫は、土の中に潜る。

 そして、三から十数年、土の中で、大きくなる。

 やがて土から出て、孵化し、成虫と成る。

 そして、七から三十日成虫として生き、子孫を残し、死ぬ。

 蝉の一生は、実は長いのだけれど、成虫では短い。


  子孫を残すために、一生懸命鳴き(オス)、使命を全うして、死ぬ。

 それも一生。

  それを知ってからは、蝉の鳴き声に、何とも言えない、はかなさを、感じます。。


  話は変わりますが、物事に、わびさびを、感じるのは、日本人の特徴です。

 欧米人は、蝉の鳴き声に、物哀しさを感じることは、ありません。

 「情緒」、その文化が、無いのです。


  日本に生まれて良かったと、つくづく思う、今日この頃です。



                         無限のありがとう   栄















【2019/09/06 11:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |