FC2ブログ
希望、、、小池百合子の「希望の塾」
   お元気さまです。

  「小池百合子」都知事の主催する、政経塾、「希望の塾」が、スタートしました。

  挨拶に起った知事は、

 「いま東京、日本には、あらゆるものがあります。

 しかし、一つだけ無いものがあります。それは、『希望』です」

 と切り出しました。

  「希望」が無い日本を、嘆いています。

 確かに、解決の糸口が見えない、多くの問題、課題が山積みに成っています。

 つまり、課題多い中で、「悲しみ」や「苦しみ」が溢れ、

 なんとなく、「不安」に、おののいている。

 そんな中でも、「希望」、つまり未来の光を信じて、生きて行こう、

 そして、その希望を、塾を通じて見つけて行こう、

 そう言いたかったのでしょう。


  今の苦しみの先にある光を、未来を信じられる事を、「希望」と、呼んでいます。


 しかし、「希望」の意味は、もっと深いのではと、思います。


  今、多くの課題を、抱えている事は、また、その中で生きて行くとき、

 「苦しみ」・「悲しみ」・「不安」を持って、生活している事は、確かに大変です。

 しかしその事は、 未来に、「良きもの」が生まれてくるために、必要な「意味」を持っていて、

 その「意味」を信じることが出来る事を、「希望」と言うのではないかと思います。

 そう、全ては、「良きもの」に繋がっており、必要なことなのでしょう。

 ですから、今の「苦しみ」も含めて、希望なのです。



                            無限のありがとう   榮

スポンサーサイト



【2016/10/31 12:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
姫路城
碑

   お元気さまです。

  「姫路城」に、行ってきました

 思っていたほど、白くはなかったです

 別名、「白さぎ城」とも言われ、昨年平成の大改修が、完成しました。

 その時は、屋根のしっくいの白さが、際立っており、壁も真っ白でした。

 そのイメージからすると、意外と汚れ(ほこり等)が付いたなっていう感じ

姫路城

               姫路城全景


しゃち鉾

        保存され展示されているしゃち鉾


  国宝、重要文化財に指定され、多くの人が訪れています。

 ぐるっと見て回るには、2時間ほどかかります。

 私は、本丸しか行きませんでしたので、50分程度でした。

 修学旅行生や、海外の人が多く訪れていて、流石と思わされました。

 
  城を、維持保存していくには、大変な費用と労力が、かかると思います

  日本各地で、多くの城を、保存していますが、未来の人に、

 貴重な財産を、順に送って行く、使命があるのだと、感じています。

 順に送って行く使命、何事も、先祖のお陰であり、

 私達は少なからず、それを繋いでいく役割を、果たさなければならないのです

  家庭でも、会社でも、地域でも、・・・・・・・・・・・。

 それが生きている使命でもあり、役割でもあるのです。



                                  無限のありがとう   榮


【2016/10/26 15:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第4回成増天神祭り
   お元気さまです。

  第4回「成増天神祭り」が、2日間、行われました

成増菅原神社

              成増菅原神社

  当日一番最初に、「神幸祭」(神輿などで、御霊の巡幸が行われる、神社の祭礼)が、行われます。

 祭壇に集合し、神主さんのお祓いを受け、神に降りてきていただき、

 神に、神輿へ移って、頂きます(御霊入れ)。

  その後、子供神輿に、山車、手子舞、などが、徒ぎょ(神社の外を廻る巡行)を行い、

 夜は、宵宮(夜宮)として、神楽殿にて、薩摩琵琶の演奏者2人を招いての演奏、

宵宮での薩摩琵琶演奏
             宵宮での琵琶の演奏
宵宮での里神楽
              宵宮での里神楽

 成増天神太鼓、そして「成増里神楽保存会」による里神楽が、奉納されました。


  翌日は、宮神輿の宮出し、宮入があり、お祭りの最大の見せどころ

神社神輿

            宮神輿

  担ぎ手は、約40人が担ぎます。

  巡行(徒ぎょ)には、その3倍以上の担ぎ手が、必要です。

 今回は、約200人以上が集まり、盛大な神輿巡行になりました。

 16団体の、神輿同好会が集まり、氏子、役員と、

 多くの人が、神輿を、担ぎ回りました。

  10時に出発し、帰りは14時30分。

 各休憩所で、休憩を取りながらの巡行。

神輿宮出し

               神輿の宮出し


神輿徒ぎょの先頭

          神輿の先頭

神輿徒ぎょ

            神輿の巡行

神輿宮入り

               宮入


神楽奉納

       神輿が返るまでの神楽


  祭り、最大の見せ場は、神輿の宮入りです。

 何回も何回もチャレンジし、やっと宮入れが出来ます。

 宮入れ後は、〆を行って、御霊抜きをして、終了になります。

  私は役員でしたが、神輿は担ぎませんで、宵宮担当でした。

   神輿を見ていましたが、なぜか涙が込みだしてくる、

 とても感動的でした。

 祭りの高揚感、1度味わったら、また行きたくなりますね。

  とても良かった、お祭りでした。



                              無限のありがとう   榮


 

【2016/10/25 14:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
   お元気さまです。

  秋に成りました

  秋雨前線もなくなり、秋の到来です。

秋

      秋への変わり目の空


沈丁花 (1)

         沈丁花の花満開


神輿

                 秋まつり


 先日30度を超え、残暑厳しかったですが、

 秋に成りました。

 お祭りが行われ、秋の花が咲き、

 天高く馬肥ゆる秋、の空が見えてきました。

 大いに食べ、体を動かし、外に出て行きましょう。


  歩き回り、そのついでに、ポケモンですかね



                       無限のありがとう   榮
【2016/10/10 17:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
成増 夫婦道祖神
   お元気さまです。

  成増の旧川越街道、和光市寄りに、

 「夫婦道祖神」が、あります。

 板橋区で、唯一の道祖神です。

道祖神 (1)
道祖神 (2)


  道祖神とは、路傍の神であり、

 道の脇に造られ、村や、交通の安全を祈願している。

 成増には、夫婦道祖神があり、男女和合をも祈っている。


  自分の住んでいる足元をみると、意外にも新しい発見がある。

 今、この道祖神を中心としたところを整備して、

 新たな、成増の名所にしようとしているところです。



                              無限のありがとう   榮
【2016/10/10 16:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
結婚
   お元気さまです。

  結婚式に、出た。

 二人は今、絶頂にある?

 頂きにいるなら、あとは下るだけ。

 なら、絶頂でなく、一ついの頂きにいる。

 つまり、節目。

  これから多くの困難を、といっても、外部からのではなく、

 自分たち二人の、心の困難を、乗り切っていかねばならない。

 あばたもえくぼ、あばたが、あばたに見えるのです。

 それを受け入れられるかどうかが、ポイント。


   さて、二人は?


結婚式1

結婚式2

【2016/10/10 16:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |