FC2ブログ
私の出番
   お元気様です。

  NHK朝の連続ドラ、「花子とアン」で、

 素晴らしいセリフを、耳にしました

  花子の妹が、戦争孤児の姉妹を、

 自分の子供として育てる、そう決心した時のセリフ。


  「社会で生活することは、応分の苦労をすること」

 つまり、「私の出番が来た」。

  自らの、強い覚悟を表した、セリフでした。


  自分の人生を、自分が主人公として、生きている。

 そういうセリフであり、他者の幸せが、自分の喜びである、

 そう宣言した、セリフでもあります。


  脚本家、「中園ミホ」さん、素晴らしいですね。


  PS:仲間由紀恵さん、良いですね




                          無限のありがとう   栄

スポンサーサイト



【2014/09/23 11:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お祭り
   お元気様です。

  秋祭りが始まり、各町は、祭りモードに入っています

 成増は、氷川神社と菅原神社にわかれていて、

 (と言っても宮司さんは一緒ですが)

 2丁目は、菅原神社、3丁目は、氷川神社です。


  今年は、菅原神社は、本祭りの年。

 神輿が出て、町内を練り歩きます。

 これが結構大変で、あちこちに神酒所を、

 作っておかなくてはなりません。

 設営準備、後一カ月ですので、本格的に忙しくなります。


  本来、祭りは、五穀豊穣を願ったりするものです。

  自分達の力の及ばない、何かがある、

 それに対する畏敬の念から、神様を祀る。

 祀った神様を、楽しませる。それが、お祭り。

 そうなんです、本来神様は、楽しい事が好きなんです

 天照大神が、天岩戸から、出てくるきっかけは、

 宴会と、踊りで、楽しく笑って騒いでいることが、

 きっかけになったわけです。

 
  心から楽しむ、これが大切なんですね。

 大いに、無心で、楽しみましょう。

 そう、子供の頃のように




                        無限のありがとう   栄
【2014/09/22 11:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
柴犬
   お元気様です。

  飼っていた犬が死んで、久しい。

 いま、新しい犬を、飼おうとしています。

 部屋を整理し、断捨離しました

 飼うなら、同じ柴犬をと思い、ブリーダーの所に、行ってきました。

 豆柴犬が、メインの所です。

 そこでは、 何十匹と言う犬が、遊んでいました。

 いろいろ話を聞き、これから生まれてくる犬にしてもらい、

 その都度、見に行って、決める事にしました。


  でも見に行ったら、嫌とは言えなくなってしまうと、

 密かに、思っています


 今年中に来、たら良いな



       
         無限のありがとう   栄
【2014/09/17 16:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
感謝
   お元気様です。

  以前勤めていたと言う人から、ホールへのコメントをいただきました。

 内容は、厳しいものでした。

 しかし、「ありがたい」、素直にそう思いました。

 人と人とのつながりは、いつまでたっても、

 心の中にあるんだ、と言う事です。

 良いこと悪い事、全ては思い出の中に昇華され、

 懐かしい事として、蘇ってくる。


  つながっている、人は誰かと、つながっていたいのです。

  社会に生きているからこそ、人は人間に成れるのです。

  以前、トムハンクス主演の映画で、飛行機事故で遭難した人の話が、ありました。

 無人島に漂流した主人公は、そこで生活をしていく。

 しかし、どうしても孤独に耐えられなくなり、

 いかだを作って、死を覚悟し、大海原に出て行く。

 やはり、一人では、生きていけないのです。

 生きる価値が、ないのです。

 実際あった出来事を、題材にしています。

 人は、一人では、生きていけない、

 人と人との間で、初めて人間に成れる、そんな主題と思う。

 誰かと、つながっていたいんだ、そう思う。

 親であるし、家族であるし、恋人友達仲間同僚そして、見知らぬ誰か。

 つながっている実感があるからこそ、生きていける。

 そこには、眼に見えなくても、絆が存在するんだと思う。


   お客さまも、同じ。

 つながっていたいのです。

 つながりを持つエンタメとしての、パチンコ業。

 そこにこそ、存在意義が、あるんです。



                             無限のありがとう   栄

 



【2014/09/17 16:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |