FC2ブログ
昔の会社の友人
   お元気様です。

 以前勤めていた会社の人と、33年ぶりに会いました

 会社を辞めてから、年賀状のやり取りはしていましたが、

 会う機会が、ありませんでした。


  その会社は、浅草橋駅近くの、馬喰町にあります。

 小伝馬町と言った方が、解りやすいでしょうか。


  待ち合わせて、近くの居酒屋に、入りました。

 同期入社の友人と、当時の同じ課の先輩と3人。

 3人とも、同じ課で、電線メーカー担当部署にいました。

 昔を懐かしがり、いろいろな話に、花が咲きました

 結構亡くなっている人もいて、驚きです。

 そして、一番驚いたのは、その先輩が常務に成っていたことと、

 同期の友人が、副事業部長兼営業本部長に、成っていたことです

 何とも言えず、うれしくなりました

 別れてからも、うれしさのあまり、一人で池袋で飲みました


  人の出世を、こんなにうれしく思ったことは、ありません。

 これからは、定期的にあって、親交を深めて行こうと思っています




                       無限のありがとう   栄
スポンサーサイト



【2012/03/28 16:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
彼岸
  お元気様です。

  春分の日に、書いています。

 お彼岸ですね。

 私の家では、彼岸とお盆に、親せき回りを、行っています。

 近くの親戚に行き、仏壇に、線香をあげてくるのです。

 もちろん先方からも、来ます。

 今、全部で、7か所の親戚に、顔を出しています。


  彼岸と言うのは、丁度太陽が、ま東から昇り、

 ま西へ沈む時であり、

 極楽浄土が、遥か西の方にあると見立て、

 浄土を拝む気持ちで始まったと、言われます。

 そんな昔の人の気持ちに、想いを寄せてみると、

 ちょっと神秘的でもあり、おごそかな気持ちになります。


  今行っているのは、墓参りと、親戚の仏壇参り。

 遥か昔の、先祖に想いを寄せることが、

 結構大切に、感じられます。


  年寄りになったのかな?



                  無限のありがとう   栄
【2012/03/20 16:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
全社集会
   お元気様です。

  先日、三栄グループの、全社集会を行いました。

 1年間、プロジェクトチームの人が、無い?知恵を絞って、企画してくれました。

 240人位が、一堂に会し、

 それは、始って以来のことです。


  参加した人、それぞれに感想、感じたことは、あると思います。

 しかし、多くの人が、参加して良かったと、感じていることは、

 その場の雰囲気で、感じられました。

 というより、一人一人の想いが、

 一つになっているような、感じでした。


  私は、最初から舞いあがっていましたが、

 なるべく、笑いを取ろうとというか、

 場の雰囲気を、和ませようとしていました。

 しかし、過去の歴史の映像を見ていると、

 熱く込み上げてくるものが、在りました。

 坦々と生きてきたと、思っていましたが、

 両親家族を始め、いろいろな人のお陰で今が在り、

 これからもお陰様で、生きて行くんだろうなって、

 そんな感じがし、

 生かされていることに、素直に感謝している、自分がいました。

  この気持ちを、いつまでも忘れず、心に刻み込み、

 今後生きて行こうと、新たに決意しました。


  
                   無限のありがとう   栄

【2012/03/20 14:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
幸せ
   お元気様です。

  3.11の1周年に放送された、ビデオを見ていました。

 はっとなった言葉が、在りました。


  「当たり前のことが、幸せだったんですね」

  「何も起こらないことが、幸せだったんですね」

  「普通に生活できることが、大切なんですね」



  何も起こらない、当たり前の、普通の生活。

 それこそが幸せだった、そのことに、気付いた、

 心からの、真実の言葉でした。


   私たちは、

  こうなったら幸せ、

  これが手に入ったら幸せ、

  これが出来たら幸せ、

 そんなふうに、考えていました。

 給料が上がったら幸せ、

 試験に合格したら幸せ、

 家を買ったら幸せ、

 そんな価値観を、生きて来ました。


  実は、そのこと以上に、

 何気ない日常が、幸せそのものだ、

 ということだったのです。


  私たちは、しあわせの海に生活している、魚なんです。

 海の中で、魚は、幸せを感じていません。

 そんなに、幸せを感じないなら、

 神様は、一回海から魚を、出してしまいます。

 すると魚は、苦しみ、もがく。

 そう、海の中にいることが、幸せだったと、

 始めて、気付くのです。


  改めて、震災の持っている意味を、

 深く、感じさせられました。


  被災された方、無くなった方に、

  心から、お悔やみ申し上げます。



                      無限のありがとう  栄
【2012/03/19 15:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
観劇
  お元気様です。

 劇を観に、行ってきました。

「久保田万太郎」の、作品です。

「久保田万太郎」、通称、くぼまん?

 戦前から戦後にかけて活躍した、俳人、小説家、劇作家。

 新派などに、下町的な戯曲を書き、

 文学座を作った人、としても知られています。

 日本人的情緒を、感じさせる作品が、多い。


 くぼまんの作品を、15年にわたって、講演している、

「みつわ会」の劇を、観に行ったのでした。


 題名は、「十三夜」「不幸」。


 両方とも、1時間弱の、短い芝居でした。

 大正時代の、詩情あふれる、情緒あふれる芝居です。


 もちろん、演じている俳優も、それなりに、

 年を取っている、人ばかり。

 70歳過ぎが、多かったかも。


  結構セリフが長くて(渡る世間は鬼ばかり、より長台詞)、

 きっと、覚えるのに苦労したのではないかと、思って観ていました。


  実は、成増に有名?な役者さんが、住んでいます。

 もう80を過ぎていると思いますが、

 「外山高士」さんです。


  外山さんが、昨年「みつわ会」公演に、出演していました。

 なんと、3.11の震災の日に、出演していたのです。

 そして、地震の時間に、舞台で、演じていたのです。


  グラグラっと来て、長い時間揺れていましたが、

 どん帳が下がるまで、演技を止めませんでした。

 どん帳が下がり、しばらくたってから、また始めたのですが、

 2回目の地震が来て、また中断。

 その後、再び演じました。

 同じ場面を、3回も演じました。

 役者って、本当にすごいと感じたし、

 プロ根性を、目の当たりにしました。

 プロは、どんなことがあっても、どん帳が下がるまでは

 演技を止めてはいけない、と言っていました。



  今回の「みつわ会」公演では、

 同じ成増に住む、「田島ひさし」さんが

 出演していました。

 そして、なんと、劇の最後の時に、

 地震で、ぐらっときました。

 何か、因縁を感じます。

 ちなみに、外山さん、田島さんと、

 時々成増で、一杯やっています。


  来年も観に行こうと、今から気が早いのですが、

 楽しみに思っています。



              無限のありがとう   栄
【2012/03/18 14:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それでも、生きている
  お元気様です。


 東日本大震災から、1年が経ちました。

 黙祷


 テレビでは、もっぱらこの一年の歩みなどが、放送されています。

 私も、たくさんビデオに、収めました。

 たまたま、全く関係ない番組を、見ていた時のことです。

 日本が、世界に誇る、盲目のピアニスト、

 「辻井伸行」さんの、アメリカ、カーネギーホールでの

 リサイタルを、ドキュメント風に、撮影した番組でした。


  ベートーベンの曲を弾いた、辻井さんは、

 アンコールの曲として、

 自分で創った

 「それでも、生きている」と言う、

 4分弱の曲を、弾きました。

 聴いてびっくり


 何とも悲しく、やるせない旋律で、

 聴いているだけで、涙が出てきて、止まりませんでした


  それは、震災に向けての、曲でした。

 日本人の感性、今の日本人の気持ちと、

 辻井さんの感性とが、ピタッと一致した、曲でした。

 素晴らしい曲でした

  
  さっそく、曲を買いました。

 今iフォンに入れて、聴いています。

 何度聞いても、素晴らしい

 久しぶりに、感動した曲でした。


  「辻井伸行」さん、恐るべし。


 ヨーロッパを回る、演奏旅行に、出かけるとか。

 日本での演奏会があったら、

 絶対に聴きに行く、決意です。



            無限のありがとう   栄

【2012/03/11 13:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
梅まつり
お元気様です。

3月3,4日と、赤塚公園で、梅まつりが開催されました

 見に行ったのですが、梅は全く咲いていませんでした

 日当たりのよい所で、早咲きの紅梅が、何輪か咲いていました。

 今年は本当に寒く、何処の花まつりも大変だと思われます。


  梅もさることながら、桜の開花が、大きな問題になります。

 と言うのも、だいたいどこの、桜の咲く公園、名所は、

 「桜祭り」を、行っているからです。

 特に、桜の名所となれば、いつ咲くのかによって、

 地元、観光協会や、旅行会社が、右往左往します。


  以前私は、東北の桜を、見に行きました。

 名所ですから、早めに泊まるところを、おさえたのですが、

 寒くて、全く桜は、咲いていませんでした

 しかし、観光バスは、どんどん来ていましたし、

 他県から?の観光客で、あふれかえっていました。

 しかし、桜は咲いていない


  早咲きで知られる、伊豆の河津桜ですが、

 今年の、桜祭り期間中、

 桜は、3本しか咲かなかったとのこと。

 3月中旬に、改めて、桜祭りを行うと、決めたとか。

 2回行うはめに、なってしまったんですね。

 これも自然のなせることなので、ああそうなんですかって、

 受け入れるしかありません


   今年の桜は、きっと綺麗だと、大いに期待しています。



                無限のありがとう   栄
【2012/03/05 09:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
  お元気様です。

 去年の、3月から借りていた畑を、区に返しました。

 一年契約の決まりなのです

 最後の仕事は、次の人が使いやすいように、

 全体を、整地することです。

 
  雑草などの根は、とても深く広く、張っていました。

 除草剤を、使わなかったこともあり、

 結構雑草と、悪戦苦闘しました。

 一年間の畑で、気付いたことも、たくさんありました。

 家庭菜園だからでしょうが、

 全ては必要である、ということ。

 雑草も、ニンジン、大根などの作物、

 葉っぱを食べた、虫さんも。

 トマトを食べた鳥さんたちも。

 きっと大きな視点で見てみると、

 お互いが、必要なのかもしれません。


  畑の面積が小さいので、

 こんなことを、言えるのでしょうが、

 そこに在る、全てがきっと、必要なんだろうし、

 お互い、邪魔しながらも、

 助け合っているのだろうと。


  一つ一つは、自分の命を精一杯生きている。

 それでも、全体として、調和している。


  それが自然と言うことなんでしょうね



             
                  無限のありがとう   栄
【2012/03/04 16:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アバクロ、恐るべし!
  お元気様です。

 銀ブラしました。

 ピンクのトレーナーか、パーカーを買いたくて、

 アバクロに、行きました。

 これで、アバクロに行くのは、4回目。

 いつもTシャツ等、買って帰ろうと、思っているのですが、

 一回も、買えていません


  店内は、音楽がうるさく、独特の臭いも、鼻につき、

 照明の暗さ、スタッフの態度、

 商品の陳列の仕方など、

 私にとっては、性に合わないのでしょう。

 買う気で行っても、心が折れるんです


  今回は、絶対と思っていたのですが、

 結局、買えませんでした


 店のターゲットは、30歳前の若者、アベック、マスコミ関係者など。

 完全に、私は外れています


  そういう人は、買えない仕組みになっているんだと、

 ただただ、アバクロの店づくりに、感心するばかりです


  次回はきっと、と思って店を出ました。


  PS:H&Мもは、買いたいものがありません。



     
                     無限のありがとう   栄


【2012/03/04 14:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |