FC2ブログ
誕生日
   お元気様です。

  61回目の誕生日が、過ぎました

 私の生まれた家では、○○記念日という行事的な事は、

 小さい頃から、無縁でした。

 幼いころに、誕生日プレゼントを、もらった記憶もありません。

 しいて言えば、クリスマスに何か買ってもらったような

 気がするだけです


  大人になった栄君は、まったく記念日に、執着がありません。

 身内の誕生日、結婚記念日など、無頓着。

 特に結婚については、年月など、すっかり忘れています

 もちろん最初から記念日なんて、頭に無かったです。

 そんな事していたら、妻も慣れたのか、何も言いません。


  最近になって、プレゼント等をもらい、

 ちょっと照れながらも、良い気持ちになっています。

 あと何回プレゼントをもらえるかわかりませんが、

 まあ、がんばんべー


   
                      無限のありがとう   栄
スポンサーサイト
【2012/02/24 09:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
老人病院
   お元気様です。

  先日、「よみうりランド」の中にある、

 老人病院に、行ってきました。


  私が入るのでは、ありませんので


 設備などの整った、すばらしい所でした。

 あふれ出る、知性からタダものではない、

 と思っていましたが、
 
 なんと、受付事務の女性は、お茶ノ水大卒の美人

 しっかりと自分の使命を、果たそうとする、看護士の方々。

 これなら手厚い看護が、得られるのではと、感じました。


  こんな病院に入っている人は、幸せだろうなって思えます。


 入院患者の人達は、、みんな八十過ぎ?位でした。

 それぞれの病気はわかりませんが、

 年を取るということは、

 そういうことなんだなって、全身に感じさせられました


  強く感じたのは、ボケないで、意識だけはしっかりしていたい、

 そのことでした。

 天皇陛下も、今日から入院ですが、ボケていませんよね。

 あのように、年取りたいと思います。 


  その為には、脳への刺激

 つまり、動物的な欲求、欲望、特に異性に

  そんなことの大切さが、改めて、思い出されました


  キャバクラに、行こっと



   それにしても、動物に、ボケはあるんだろうか。




                 無限のありがとう   栄



【2012/02/17 09:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新潟は
   お元気様です。

  新潟市に、行ってきました。

 トンネルを抜けると、まさしく雪国でした

 今年は、多いと聞いていましたが、

 実際見ると、びっくりです。


  新潟市の、一番の繁華街は、

 古町通り商店街です。

 ホテルに荷物を置き、さっそく食事をしに行きました

 
  通りには、ほとんど人がいなかった。

 日曜の、18時頃は、、地方都市では、もう帰宅の時間らしい

 閑散そのものでした


 ネットで調べた、寿司屋に入りました。

 何となく高い感じ。嫌な予感。


  お任せの、地の魚の刺身、

 茶碗蒸し、焼き魚、注文し、最後に握りをつまむ。

 お酒は、新潟産の地酒。


  何となく、不満が残りました

 たぶん、これといった目玉が、

 なかったからだと、思うのですが。


  考えてみると、新潟の魚って、思い浮かばないです。

 名産を食べたっていう、感慨みたいなものが無い。

 お酒も、お燗に気持ちが、入っていない。

 そんな事が、原因かなって、思ったりもしました。


  もう、新潟で寿司を食べることは、無いと思います

 ラーメンも。



                         無限のありがとう   栄

【2012/02/07 12:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
日本は?
  お元気様です。

 ある国を描いた、文章があります。


「その国の人が、好まぬ清掃などの仕事は、

 外国人労働者が、担っている。

 労働時間は短くなり、失業者は多い。

 家庭の崩壊が顕著で、離婚も多い。

 人口は減少し、それが外国人移住者の増加を、加速している。

 かつては、超軍事大国と信じられていたが、

 今では、それも疑わしい」。


 さて、何処の国のことかわかりますか?



 アメリカ、との回答多い。

 実は、ローマ帝国のことです。

 今のアメリカと、似ていますよね。


 文明の終わりの始まりは、

「精神的な価値に対して、冷笑的な態度が、広がる」

「農業などより、サービス業が、好まれる」

「一極集中に人々が群がり、そこでの刺激の強い生活を好む」

 そんな兆候が、現れるらしい。


 なんと、今現在が、そんな時代

 大きな変化の、真っただ中にいるんだと、思われます。


  蛙は熱湯に入れると、飛び出るが、

  水に入れて、徐々に温めて行くと、逃げずに、

  熱湯の中で、死んでしまう。


 つまり、変化の中にいる人は、変化に気付かないのです。


 死なないように、変化の中で生きていることを、

 しっかりと感じて、生きて行きましょう




                 無限のありがとう   栄
【2012/02/03 16:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |