FC2ブログ
ハガキ
  お元気様です。

 年末が、近づいてきました。

 お歳暮や、年賀はがきの季節です。


  私のところには、喪中のはがきが、毎日のように届きます。

 年周りが、そう成っているのだと、つくづく感じます。


  ふっと、疑問に思うのですが、

 何処までの、近親者が亡くなった場合に、

 喪中のハガキを、出すのでしょうか。

 慣習は、あるのでしょうか?

 私の考えは、1等親まで、

 それと、2等親以上でも、同居している人の場合かな。

 結構ややっこしいですね。

 また、等親の考え方と、相続などでの考え方が、

 違っているので、混乱するのではないかと、思います。

 そんなことを考えていたら、ふっと浮かんできました。


   震災に会った人は、喪中のハガキを出すんだろうか?

 



                  無限のありがとう   栄
スポンサーサイト



【2011/11/28 14:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北海道
   お元気様です。

 先週、北海道に行ってきました。

 札幌、小樽のホールを、

 2年ぶり?に見て回りました。

 そこで感じたこと。


  大きく変わっている

 以前、良かった店が、えーっと言うほど

 悪くなっていたり。


 変化が速いと言うが、本当にそう感じました

「チーズはどこに行った」と言う本がありましたが、

 変化しなくては、生き残っていけないと、

 身につまされるように、感じました。


  変化することは、実は行動することなので、

 動きを止めないことが、大切だと思います。

 どんどん動き回り、人に会い、

 物を見、感じることで、自然と変化していく。

 行動範囲が狭いと、どうしても視野が、狭くなる。

 視野が狭いと、独りよがりに、なってくる。

 そこには落とし穴が、待ち受けています。

 穴に落ちないよう、どんどん動き回らなくては。


   何でも良いから、行動しましょう



                無限のありがとう   栄

【2011/11/28 13:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小林正観
  お元気様です。

 小林正観氏が、亡くなったことは、

 前回書きました。

 
  その後、何冊かの本を、ペラペラめくってみました。

 正観さんは、宇宙法則の発見者、語り部であるとともに、

 面白い情報の、収集家でもありました。


  「知って楽しむ情報集」という本を、出しています。

 その中から、興味のありそうな、情報を書いてみます。


  ガンになる人は、肝機能が低下している。

 いらいらしたり怒っていると、肝機能が低下する。

 つまり、いらいらしたり怒っていないことが大切。

 何事も、気にしない、気にならないこと。


  心臓が止まらない方法。

 朝起きたら、握りこぶしを作り、心臓のあたりを10回叩く。

 すると、夜まで心臓は、止まらない。

 夜寝るときに、また10回叩くと、朝までとまらない。

 つまり毎日叩くことで、心臓は止まらない。

 忘れたときが、危ないのです。


  そんなことがたくさん書いてある本です。


 「お金+友人数」=100、というのもありました。

 さて何でしょうか?考えてみてください。


    正観さんの、ご冥福を祈ります。



                     無限のありがとう   栄
【2011/11/09 17:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |