FC2ブログ
逝去
  お元気様です。

  小林正観さんが、亡くなりました

 私の尊敬する人でした。

 物事の見方、考え方、大きく言えば、

 宇宙法則の提案者、みたいな感じの人です


 昨年体調を崩し、本人は、61歳で死ぬと、

 お告げがあったらしく、やはりねって思っていたら、

 仲間に医者がいて、その人に説得され、

 病院に行って、一命を取り留めた、そんな経緯があります。

 何と、それまで一回も病院に行ったことは、無かったらしいです


  それ以降、人工透析をしながら活動していたのですが、、

 10月12日に、突然息を引き取りました。62歳でした。

 出版した本は、60冊。

 講演回数は、年間300回を、何十年続けていました。

 安らかな、眠るような最後であったらしいです。



 良寛さんを、尊敬していて、

 辞世の句も残しています。


我が形見

高き青空

掃いた雲

星の夜空に

日に月に


 高く澄みきった青空を見たら、掃いたような白い雲を見たら、

 それが形見だと思ってください

 綺麗な星の夜空や、太陽や月を見たら

 それが私の贈り物だと、思ってください


  そんな意味合いの句です。

 出版された本は、すべて所有していますので、

 ゆっくり読み返そうと、思っています


   ご冥福を心からお祈ります。




                       無限のありがとう   栄







スポンサーサイト
【2011/10/28 09:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南牧村2
  お元気様です。


 南牧村では、民宿に、泊まりました。

 夫婦の、民宿らしい、もてなしでした。

 泊まっている人は、私と、登山に来た年配の夫婦、合計3人。


  ご主人に、話を聞いてみると、千葉の松戸から

 田舎暮らしがしたくて、移住してきたとのこと。


 家自体は、借りているが、家賃は25,000円。

 一軒家で、相当大きい家(3階建て)が


  その夜に、ふっと思ったのですが、

 将来、年金生活で、都会に住むより、

 こういう地域に住んだ方が、楽に生活できるのではと。

 もちろん、医療、買い物、交通だとか、

 課題は、山のように、あると思いますが。

 年金で、東南アジアで、暮らしている人もいると、聞いています。

 日本国内でも、そんな地域が出来るのではないかと、感じたわけです。

 一つまた、会社の課題が、見つかったような気がしました。


  村は、谷の中にあり、沢がたくさんあり、

 「滝」も多くありました。

  南牧村3大名瀑を、歩いてみて回り、役場に顔を出し、

 帰りに隣の、御巣鷹山(日航機墜落場所)のある「上野村」をとおって、

 帰路に着きました。


  とても、有意義な時間を、過ごせました。

 やはり、自ら動かなくては、何事も感じられないと

 心から思った次第です。



                無限のありがとう    栄

 
【2011/10/26 09:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
南牧村
  お元気様です。

 群馬県の、「南牧村」に行ってきました。

 最近、人魚の入れ墨をした、死体が発見されたのは、

 長野県の南牧村です。


  群馬県の南牧村は、ねぎ、こんにゃくで有名な、

 下仁田の南西10キロの所に、位置しています。

 成増から、高速を使うと、車で1時間半。

 日本一過疎が進んだ村として、有名になりました。


  空き家が、100以上あるそうです。

 その空き家を、売却したり賃貸したりして、

 少しでも、村の人口を増やそうと、村役場が、取り組んでいます。


  会社で、「里山探し」をしているので、

 役場の考え、村の現状などを、確認しに行ったわけです。


  下仁田インターを降り、15分ほどで、

 これより「南牧村」の看板が、見えて来ました。

 村の中を、走り周りました。

 村は、深い谷の中にあり、急斜面ばかりで、

 あまり平地は、ありませんでした。

 また、集落が点在し、昔はおのおのが、

 別々の村だったことを、忍ばせています。

  田んぼは無く、畑も、段々畑で、急斜面に作ってありました。

 その為、農業を営むと言うより、自分の家で食べるために作っている、

 そんな畑ばかりでした。

 これといった産業はなく、しいて言えば林業か?

 人口は、2,500人程度。平均年齢は、70歳を超えるか?

 
  いずれにしても、過疎の進んだ、典型的な田舎の村です。


    この続きは、明日にします。



                 無限のありがとう   栄

【2011/10/25 09:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スティーブジョブズ氏
   お元気様です。

  アップル社の創業者、スティーブジョブズ氏が、亡くなりました。

  前から癌で、長くないと言われていましたが、

 ここで引退したので、治療に専念するんだと思っていたら、

 引退し、直ぐに亡くなってしまいました。


  彼の偉業は、書くまでもありません。

 彼は、日本が大好きでした。   

 特に、曹洞宗の「禅」や、日本そば、そして物造りの大田区。

 私が思うに、彼の企画力、発想力、そしてコーディネート力、

 東洋思想が、大きく影響しているのだと思います。


  「一日を生き切る」修行、というものがありますが、

 まさに彼は、一日を真剣に、生き切っていたらしいです。

 17歳の時から、

 「もし今日が、人生最後の日だとしたら、

 今日やろうとしていることを、やりたいと思うか?」

 と、毎朝、鏡を見ながら、自問自答したそうです。

 まさに生き切る修行を、していたのです。

 素晴らしいですね。

 爪の垢を煎じて、飲みたいです。


  有名な演説が、あります。

 その最後に、

「ハングリーであれ、そして愚かであれ(バカであれ)」

 と言っています。

 最後の愚かであれは、日本的にはバカであれ、

 そう解釈しています。

 最高の言葉だと、思います。

バカになることが一番難しい。

「なんとかバカ」、たとえば相撲バカなんて、言いますよね。

 最高の、ほめ言葉だと思います。

 いま私たちに欠けているのは、ひたむきに物事を行うこと、

 愚直に、汗をかくことなんだろうと思います。


 ジョブズ氏のご冥福を、祈ります。


 私が初めて買ったパソコンは、マッキントッシュSEでした。



                  無限のありがとう   栄

【2011/10/11 09:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
箱根のハイキング
  お元気様です。

  昨週末、箱根に行ってきました。

 自転車を折りたたんで、持参しました。

 朝早く起き、自転車で出かけようと思ったのですが、

 雲行きが怪しかったので、ハイキングにしました。

 本当は、箱ねって坂が多いので、ビビったんですが


  箱根湯本から、浅間山(せんげんやま)に登って、

 小涌園に降りる、2時間半の道のりに出かけました。。


  登り始めて、90分くらいたったところで、

 草むらで、ガサガサ音がしたので、

 クマか!?と思って身構えると、

 何と大きな鹿が、飛び跳ねました。

 私と反対方向に、走って行きましたが、

 びっくりです

 それまでに、蛇を2匹ほど、見ましたが、

 それ以上にびっくり、心臓が止まるかと

 鹿も、冬に成ると、餌が少なくなるので、

 今が活動期なんでしょうね。


  案の定、下りでひざが痛くなり、

 時間かかってしまいました。


  何十年かぶりで山歩きしましたが、

 靴の大事さと、膝の痛さが身にしみました。

 鍛え直してみたいと思います



                    無限のありがとう   栄
  



【2011/10/07 14:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |