FC2ブログ
病院
  お元気様です。

 国立埼玉病院に、初めて、行ってきました。

 朝、8時30分に家を出て、45分には受け付けにいました。

 初診でしたので、初診受け付けに回り、

 「わきの下の中の方が痛い」と言ったら、

 整形外科に行くように、言われました。

 その手続きで、約1時間。


  その後、整形外科の入り口付近の椅子で、待っていました。

 本を2冊、持っていったのですが、それを読み切ってしまい、

 4時間以上待っったとき、流石に、受付へ聞きに行きました。

 「4時間以上、待つこともあるんですか?」

 「そうですね、あまりありませんが時には」

 と会話をし、親切にも、順番を見に行ってくれました。

 本当だったのか、分かりませんが、

 「13番の診察室で、次です」と言われました。

 少し待って、いよいよ診察。

 問診ののち、レントゲンを撮ることに成り、

 レントゲン室へ行き、帰ってきて、また順番待ち。

 結局、40分くらい待って呼ばれ、

「異常なし、肋骨まわりの筋肉の損傷でしょう」

 と診断され、終了。


  先生と話をしている時間は、2分程度。

 これが、今の病院の、現状ですね。

 私が思ったのは、先生や看護士、事務の人、

 患者もそうだが、朝から働きっぱなし。

 食事はどうしているのかと、心配してしまいました。

 患者以上に、病院側が大変なことに、気付かされた1日でした。

 帰ってきたときは、16時を回っていました。

  お疲れ様でした。


                       無限のありがとう   栄
スポンサーサイト



【2011/06/18 16:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
断髪式
  お元気様です。

 先日、断髪式に、行ってきました。

 知り合いの力士が、八百長問題もあり、

 相撲界から、引退したのです

 
  力士としては、年齢もあり、限界に来ていましたが、

 本人は、相撲界に、残りたかったと思います。

 今回の騒動で、引退することに成りました。

 本人も、いろいろ言いたいこと、沢山あると思いますが、

 流石です、文句、悪口は、言いませんでした。

 不平は、チョビッと言ってましたが。


  断髪式は、国技館の地下にある大広間で、行われました

 参加者は、200人を超えていました

 出身の青森から、とても多くの人が、駆けつけていました。


  壇上に本人が座り、名前を呼ばれた人が、順番に髪にはさみを入れる。

 終了まで、一時間半くらいかかりました。


  時間中頃に、私の名前が呼ばれ、いよいよ順番です

 壇上でハサミを受け取り、大銀杏の髪を切りました。

 2本、切ったでしょうか。

 ちょっと声をかけ、降壇し、終了。

 その間15秒程度。


  ハサミを入れるとき、御苦労さんと、

 心の中で、言いました

 お疲れ様、と声をかけました

 19年の、相撲人生の、幕が下りた瞬間です。


  心にぽっかり、穴があくと思います。

 これから、その穴を埋めきって、

 楽しい人生を、歩んでいってほしいと、

 そしていつか、相撲にかかわってほしいと、思っています。


   お疲れ様でした。


                  無限のありがとう   栄
【2011/06/18 09:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
オープンカレッジ
  お元気様です。

 今、大東文化大学の、オープンカレッジに通っています。

 「日本の古代史」全5回。

 一回2時間の、講義です。

 日本の古代史に興味があったので、参加してみました。

 15人程度の、受講者。

 年齢は、私が一番下かも。60から75歳くらいか?

 びっくりしたのは、どう見ても高齢としか思えない

 お婆さんが、大学ノートを持って参加していること。

 もうひとつは、古代史に興味というか、研究者でないのか

 と言うくらいに、自分の説を持っている人が、いること。


  お婆さんは、毎回参加していて、

 先生の言葉を、聞き洩らさんとばかりに

 一心に聞いて、何かメモしている。

 知的探究心は、すごいものがあります。


  先日、「邪馬台国」と卑弥呼の、講義があり、

 「邪馬台国」は、何処に存在したか。

 先生の説は「畿内説」。生徒の人の中には、

 「北九州説」の人が3人もいた

 その根拠を、きちんと説明をしていたのには、

 びっくりでした

 私などは、どっちでもいいと思っている、

 いい加減な部類なので


  話を聞く感じでは、いろいろなオープンカレッジに

 参加しているらしい。

 古代史の謎を、追いかけているのでしょうね。


  次回で、最後になるのですが、「ヤマト王朝」の話。

 いよいよ、天皇が現れる。1から9代までの天皇は、

 架空であるとの説が、一般的ですが、

 その辺を、確認したいと思っています



              無限のありがとう   栄

【2011/06/12 16:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |