FC2ブログ
芸者さん
お元気様です。

新橋の芸者さんの、勤続50年記念に,

参加してきました


新橋演舞場の、すぐわきにある料亭、大広間を貸しきり、

 和食弁当つきで、飲み放題でした。

 集まった人は、120人位かな。満席でした。

 たぶん、断られた人も、いたと思われます。

 お客様の男性では、もしかしたら、私が一番年下だったかも


 弁当を食べ、ビールを飲んでいると、

 主役の二人の、踊りが始まりました。

 シーンと静まり返った会場、ピーンと張り詰めた空気になり、

 長唄を、それぞれ1曲づつ踊り、

 小唄で、短い踊りを踊って、

 最後は、「深川マンボ」で締めました


 踊りは、めちゃくちゃ上手。50年の年季が入っており、

 堂々とし、威厳もあり、年輪を感じさせる踊りであり、

 踊りの中に、人柄が滲み出ていました


 最後に挨拶をしていましたが、二人とも「まだまだ芸が未熟ですが

 これからもっと勉強して、磨いていきたい」と語っていました。

 また、これまで、出会った人たちへの感謝も述べられ、

 謙虚さと感謝、素晴らしい人間性を、感じさせていただきました



  理屈ではありません。現実の、生の世界を生き抜いてきた、人間の味、

 奥深さが滲み出ていました。

  
  感謝、感謝です。


 「いい加減に生きてはいけない」って言われているようでした


                  無限のありがとう   栄


スポンサーサイト
【2010/03/20 13:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今怒ってます
  お元気様です。

 今私は、怒ってます。

 テレビのニュースを見ていたら、

 今日、入社式を行ったと言う報道がありました。

 イトーヨーカ堂グループです。

 考えは、多種多様かもしれませんが、学生のことを考えたら、

 全く不思議です。

 4月1日が、入社なのだと思うのですが、

 それ以前には、なるべく企業として、何もしないことが、

 本人にとって、大切なんだと私は思います。

 旅行に行ったり、ボーっと過ごしたり、まとまった休み時間は
 
 この時しかないのかも知れないのです。

 そんな、貴重な時間、時期を、

 企業の理屈で奪ってしまって、平気な顔をしているなんて。


 不平不満愚痴を、言ってはいけないと思っていますが、

 これは、意見と思ってください。


 企業の論理が、あまりにも出すぎているのではないかな。

「早く慣れていただきたい」と、社長は言ってましたが、

 それは、企業側の理屈であって。

    
    私は、何故か怒ってます。


               無限のありがとう   栄
【2010/03/19 21:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
地上の星
 お元気様です。


  私なりに解釈した、「地上の星」の意味を、書いて見ます。


 「地上の星」とは、目立たず、普通に生きている人のこと。

 自分のいるところで、与えられた、やる羽目になった、

 頼まれごとを、黙々と行っている人のこと。

 不平不満文句を言わず、ただ淡々と生きている。

 与えられた=頼まれたことを、「あーそうですか」と言って、

 できることを一生懸命に行っている。

 そんな人のことを「地上の星」と呼んだのだと思うのですが。


 星は光っています。

 光を反射して、光っている星は、与えられたことが、光りであり、

 反謝しているのは、人の汗かもしれません。

 
 自ら光っている星は、その人の行為によって、また存在によって、

 周りを暖かくしている人、のことだと思います。


 星は人のことであり、自分そのものが光り輝く星なんだ。


                 無限のありがとう   栄

【2010/03/19 12:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
苦戦
 お元気様です。

 ご無沙汰です。ちょっと、行き詰っていました

ひょんなことから、中島みゆきの「地上の星」の話になり、

地上の星って何を意味しているんだろうと、意見を出し合っていました。

結局、結論はでず、頭の中がモヤモヤしたままで、

「よし、結論出たら、ブログに書こう」と思っていたのですが、

出ないまま、今日になってしまいました


 また、歌詞全体を通して、何を訴えようとしているのか、

その辺まで考え込んでしまい、時間ばかり過ぎてしまったのでした。

 歌詞を載せましたので、皆さんも考えてみてください。


1.
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
草原のペガサス
街角のヴィーナス
みんな何処へ行った 見守られることもなく
地上にある星を誰も覚えていない
人は空ばかり見てる
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

2.
崖の上のジュピター
水底のシリウス
みんな何処へ行った 見守られることもなく
名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

3.
名立たるものを追って 輝くものを追って
人は氷ばかり掴む
風の中のすばる
砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく
つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう

         
                  無限のありがとう   栄

【2010/03/12 16:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |