FC2ブログ
大器晩成
  お元気様です。

  「大器晩成」という言葉があります。

  宇宙が出来て、約137億年、地球が生まれて、約40億年、

 生命が誕生して、37億年、サルと人が分かれてから、700万年、

 今の人類が生まれたのが、3万年前(アフリカ大陸)。

 そして、現在に至っています


  そう考えてみると、歴史の経過の後の方に誕生したほうが、

 より高等?に成っています

 ですから人生も、遅くに花が咲く(=一隅を照らす)ほうが良いのでは。


  なんて、年の瀬に、思ったりしています

 
                      無限のありがとう   栄

 
スポンサーサイト
【2009/12/30 13:28】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
年末
  お元気様です。

 今年も、あと3日で終わり。

 2009年から2010年への、バトンタッチゾーンに、入っています。

 何を渡すんでしょか?

 今年、自分が新しく得たものは、何だったのでしょうか?

 そんなことを考えながら、文章を書いています

 
  今年、一番感じているのは、、行動範囲が狭くなってきたことです

 遠くへ旅行等しているのですが、あまり近場に出かけていない、と感じています。

 つまり、フットワークが、鈍くなってきています

 「あっ、そうなんだ、やってみよう」「あっ、ここに行きたいな」

 っていう感じで、体を動かさなくなってきました。

 素直さに欠ける?興味関心が薄くなってきた?足が弱ってきた?

 
  そう、老人にまっしぐら


  これだけは、バトンタッチしないぞと、心に固く誓った私です


                       無限のありがとう   栄

 
【2009/12/29 13:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
耳たぶ
  お元気様です。

  耳の下のところを、耳たぶと言いますよね。

  お釈迦様は、垂れ下がっていたらしいですが、

 ここが大きいと、「福耳」なんて呼んでます。

 今日は、耳の話です

  耳たぶが、大きい人は、話をよく聴くらしい。

  切り立っている人は、あまり聴かない人。

 もちろん、どちらの人も、それぞれ良い面悪い面がある。

 話を聴く人は、一般的には仲良くやっていける人=協調性がある。

 聴かない人は、自分で生きられる、強い人=頑固。

 夫婦では、切り立っている方が、我を通す。

 組織の中で生きていくには、福耳が良く、芸術家とか、

 人とかかわりの薄い職業の人は、切り立っている方が良い。

 あなたは、あなたの恋人は、どうかな?

  私の奥さんは、切り立っている


                      無限のありがとう   栄



  
【2009/12/24 17:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
相性
  お元気様です。

  相性について、新しい情報が入りましたので、

 披露したいと思います。もちろん、あくまで、ゲーム感覚です。

 
  お互いの誕生日から、相性を見るやり方です。

 たとえば、誕生日が12月15日の人ですと、12と15を足し算し=27。

 大きい数字から小さい数字を引き算し=15-12=3。

 数字をばらして、小さいほうから並べる。 2.3.7となります。

  相手も、同じようにして数字を出します。

 その数字が、重なっている数が多い人ほど、相性がいいのです。

 平均的には、15%から20%位、重なっているみたいです。


  ポイントは、数字が重なっていなくても、つまり相性が悪くても、

 それは、お互いが、相手から勉強することが多い、と言うことなんです。


  相性が悪いと言うのは、合わないのでなく、

 学び、成長する余地が、あることなんですね

 

                       無限のありがとう   栄
【2009/12/15 10:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トイレ掃除
  お元気様です。

  久しぶりに、トイレ掃除に参加しました

 葛飾区柴又の中学校です。

 300人くらい参加していましたが、その中学校の生徒も、多数参加していました。

 私の班は、体育館の男子トイレ担当でした。

 14人に対し、便器は7つ。私は、6回目の参加ということで、

 便器には触れさせて頂けず、器具などの清掃を行いました。

  黙々と、ただひたすら、尿石の着いた器具を磨くだけですが、

 頑固にも2時間かけても落ちきりませんでした

 

  仕事が、

   1.自分の仕事

   2.他の人の仕事

   3.誰のものでもない仕事


  と分かれるなら、「誰のものでもない仕事」を引き受けていくことが、

  生きていく上で、大切なのではないかと思っています。

  また、それによって、「心」が、磨かれていくような気がします。

   人は、何かの役に立ちたいと、必ず思っています。

  きっと、初めから、命に吹き込れているのでしょう。

  そんな命の想いを、叶えてくれるのが、

  誰のでもない仕事を引き受けること、なのだと思います。


   自分の身の回りにある、その仕事を、引き受けていこうと思う今日この頃です


                          無限のありがとう   栄
【2009/12/14 13:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
12月8日
  お元気様です。

  12月8日は何の日か。

 そう、真珠湾攻撃の日ですが、もう一つあるんです。
 
 それは、お釈迦様が、「悟り」を開いた日です

 よく悟りってなんだろうなんて思ったりするのですが、何なんでしょうね。

 私欲、煩悩が無くなった状態、みたいな感じをイメージしてしまいますが、

 本当のところは何なんでしょうね。

 わかりません

 
 わかりませんが、私はキーワードは、「受け入れる」ということだと思っています。

 あらゆることを受け入れられる、それが悟りではないか、って感じています

  
  受け入れないから、受け入れられないから、

 苦しみ、葛藤、が起こるのではないでしょうか?


 でもとっても難しいことなんですよね。受け入れるって


                          無限のありがとう   栄
【2009/12/10 11:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
寝癖
  お元気様です。

 先日、床屋に行きました。

 周りを刈り上げ、短くしてきました。

 齢で毛が薄くなっているので、地肌がもろに見えています

  今日、朝起きたら、なんと、寝癖がついていたのです

 短い毛だと、地肌が熱くて、ドライヤーは使えず、

 タオルで温めてもなかなか直りませんでした。

 嫌だなって思っていたら、鏡を見ていて気付きました。

「短く薄い為、髪自体が、良く見ないとわからない。つまり、他人は気付かない。」

  
  朝から、ニヤニヤ笑ってしまった私です


                        無限のありがとう   栄
【2009/12/07 12:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
癌(2)
  お元気様です。

  前回のブログは、うまく伝わっていないのではと感じたので、

 細くと言うか、説明不足のところを書いてみます。

 と言っても、私の文章力では


  地球に生命が誕生したとき、単細胞でした(アメーバ)。

  単細胞から多細胞へと進化し、多細胞生命は、

 生命を維持するため、細胞の再生産を始めました。

 トカゲの尻尾が、又生えてくると言うのは、細胞の再生産のためです。

 私たち、人間の細胞も、数ヶ月で、入れ替わっています。



  その細胞の再生産の仕組みの中に、がん細胞をも再生産してしまう秘密があるのです。

 生命を維持する「幹細胞」、つまり再生産をする根源の細胞は、

 がん細胞(癌幹細胞説)にもあり、癌の幹細胞が、がん細胞を再生産する。

 そして、癌幹細胞は、抗がん剤が効かないばかりか、進化をする

 性質を持っている、強力なスーパー細胞なのです。


  そんな意味で、癌は遺伝子の破壊から生まれ、再生産されてしまうのです。

 つまり、自らの生命から出てくるものなんです。

 がん細胞を叩けば、自分の正常細胞も叩かれる、

 このジレンマを感じ、治療を行っていかなくては成らないのです。



  立花隆さんは、再発80%と言われながら、

 今、治療を受けています(まだ再発はしていないらしい)。

 しかし、立花さんは、「臨死体験」という本を出したときに、感じ、考えたそうです。


 「死は、苦しいものではないらしい(脳内モルヒネがの作用?)。

 自分が死ぬ瞬間を、自分で確認できない。

 死に向かって生きていることは自覚できる。

 結局、人間は生きていることしか自覚できないので、

 死を考えてもわからない。わかっているのは、自分が死んでも、

 この世界は何事も無かったかのように続いていることである。」

 「人は死に永遠に会うことはない」


  死後の世界が、在るか無いかわかりません。

  生まれ変わりも、あるのかどうか?

  わからないから神秘であり、怖いと思うのでしょう。


  まあ、余りじたばたしないで生きていくのが良いようですね


                      無限のありがとう   栄


【2009/12/04 14:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
プラズマクラスター
  お元気様です。

  昨日、シャープ社のプラズマクラスターの製品の紹介がありました。

 今、テレビでも宣伝していますが、イオンを発生させて、

 空気中に浮遊している、カビ菌、アレル物質、ウイルスなどを除去する装置です。

 確かに、それなりの効果があるはずです。



  しかし、以前から私は、除菌について、違和感を感じていました。

 確かに、いろんな訳のわからない物質が浮遊していたり、付着したりしていますよね。

 それによって、人体に悪影響があるかもしれません。病気になるかもしれません。

 しかし、人間は、あらゆるところを動き回っています。旅行で、海外に行ったり、

 又、一日でも、いろんなところを歩き動き回っています。

 もちろん、その全てを除菌など出来ません。

 そうであるなら、除菌するより、菌を受け入れる方が良いのではないでしょうか。

  菌と仲良くし、自分の味方に成ってもらう。そんなことが出来ないかなって考えたほうが、

 面白いのではないでしょうか?

    闘うより、味方にしましょう


                           無限のありがとう   栄




【2009/12/04 10:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
  お元気様です。

 ご覧になった方もいるかと思いますが、先日NHKで、

 ジャーナリスト立花隆さんの、「癌」についてレポート番組が放映されました。

 立花さんも癌になったそうです。

 そして、彼の親しい人が、二人癌で亡くなった。

 そんなことがきっかけで、癌の最先端の研究者へのインタビュー等で、

 調べまわった内容ををレポートしていました。

 
  番組を見て、愕然としたと同時に、癌と闘うことはどうなんだろうか?

 という疑問を持ちました。


 今、男性二人に一人、女性三人に一人が癌になります。

 三人に一人が、癌で死ぬそうです。

 癌そのものの、癌のできる仕組み、正常細胞とがん細胞の違いなどがレポートされ、

 結論を言うと「癌の原因は、遺伝子の裏切りであり、本質は、命そのものと同じである」。

 人間の生命維持活動そのものの中に、癌が発生していく仕組みがある、

 と私は解釈しました。

 もちろん、癌になる人とならない人がいるのは事実です。

 しかし、その差は、ほとんど無いに等しい。偶然?奇跡?そんな感じかもしれません。

 癌を叩くことは、自分自身を叩くことであり、癌だけを死滅させられない。

 
  番組を見終わったとき、癌を叩くことは自分自身を苦しめることであり、

 癌は自分そのものであり、もしかしたら、私の命が癌を欲したのかもしれない。

 それで、もし死ぬことになったら、それは寿命なんだと思えばいいのかなって、

 感じました。

 世の中、必要なことが、ジャストタイミングで起こっているんだ、

 そう思うようにしています。


 でも、完治する癌もあるのですから、大丈夫です。


  ところで、私が、その番組の直前に読んだ本は、

 立花さんと友人(死亡)とのインタビュウー、メール、ブログなどをまとめた、

 立花さんの本であり、もう一冊は、死亡した人の、ブログの本でした。

 その友人は、世界的物理学者、日本で次のノーベル賞間違いないとされていた、

 「戸塚洋二」さんです。66歳でした。ご冥福をお祈りします。

 


                     無限のありがとう   栄

 

 
【2009/12/03 12:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
クセ付け
  お元気様です。

久しぶりに、ブログを書きます。

 先日、大阪に行ってきました。

 ちょくちょく行っている大阪ですが、何と言っても、たこ焼きは美味しい
 
 東京の「銀たこ」が、以前、道頓堀付近に出店していました。

 その時に、大阪人何人かに、美味しいかどうか、聞いたことがあります。

 「美味しい」と、皆さん言っていました。

 しかし、今、その「銀たこ」の店は、無くなっている

 一回食べて「美味しい」と感じても、

 「又食べたいな」まで、行かなかったのでしょう

 それは、リピート客が少なかった、クチコミで、美味しさが、広がらなかったのです

 新規客、リピート客両方重要ですが、リピートしなくては、商売は成り立ちません。

 まして、不況時、全体のパイが下がっているときは、なおさらです。

 どの業界も同じことなのでしょうが、今のパチンコ業界の切実な問題がここにあると感じています。

 リピート客が、減っている。

 人は、何事も、クセ付けで行動します。ラーメンを食べると、又ラーメンを食べたくなる。

 パチンコをすると、又パチンコをしたくなる。

 それが、3ヶ月位、間があくと、したい気持ちが自然と薄れていきます。。

 人の心理、行動って、そんなものなんだと思います。

 クセ付けをして頂く為に、日々の営業活動があるかもしれません。

 ですから、後味の残る「お見送り」が大切なんでしょうね


                      無限のありがとう   栄
  

  
【2009/12/03 11:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |