FC2ブログ
一寸の虫にも五分の魂
 お元気様です。

 暑くなってきましたが、本格的な夏とはいえない天候ですね。
 
 本当に梅雨は上がったのでしょうか?

 エルニーニョ現象が発生しているらしく、今年の夏は天候不順になるらしい。

 今朝、本を読んでいたら、1ミリにも満たない物凄く小さな虫が、
本の上を歩いていました。

 何気なく、息を吹きかけてみたら、1,2秒止まっていて、
 次には、勢い良くダーッと走り出しました。

 小さな虫にも、やはり感性はあるんだなと、
改めて感じさせられました。

 虫は、危険を察知したんだと思います。

 必死で生きているんだなって、感じました。

 「一寸の虫にも五分の魂」と言いますが、
そんなことを感じさせられました。

 
 その後のトイレ掃除で、壁面を這っている蜘蛛みたいな虫がいたのですが、

 そのままにしておきました。

 虫さんの生きる権利を邪魔しない様に。



                          無限のありがとう   栄
スポンサーサイト
【2009/07/30 10:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
22歳の別れ
  お元気様です。

 好きな歌の中に、「22歳の別れ」があります。

 1975年に 伊勢正三さんの「風」が歌って大ヒットしました

 その歌詞に、「あなたは、あなたのままでいてください、そのままで」とあります

 そう、変わらなくて良いのです。変わる必要はありません。

 「あるがまま」と言いますが、そうなんです、そのままでいいんです。

 こうなったら好きとか、条件付はどうなんでしょうね。

 そのまんままるごと、好きなんですよね。

 人間関係は、そうあってほしいと思います。

 今流行の、「ホ・オポノポノ」です。

 ちょっと違うかな

                        無限のありがとう   栄
【2009/07/27 17:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
変える?変わる?
 お元気様です。

 人に対してイライラしたり、気に食わないって言う人がいますよね。

 私も以前は気に入らない人に対して、結構イライラしてする方でした。

 「他人と過去は変えられない」と言いますよ。

 しかし変わるんです。

 それは、自分が変わるから、自然と他人や過去を見る目が変わってしまい、
自分にとって変わったように感じるわけです。

 自分の感じ方が変われば、やはり変わったように感じるのです。

 気に入らない人がいたら、

 「ラッキー!心を磨いてくれる砥石があった」と思い込むことです

 自分にとって、ありがたい人と思い込みます。修行ですかね

 すると、相手との間に、適度な距離感みたいなものが出来ます。

 そうなるとシメタモノ。

 相手に感情移入することなく、客観的に見ることができ、

 最後には、気にならなくなっていきます。

 この方法を使って、是非イライラしない生活を送ってほしいと思います。


                          無限のありがとう   栄
【2009/07/27 16:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蜩は、2回鳴く
 お元気様です。

 箱根に行ってきました。

 結構涼しく、ゆっくり出来ました

 そこで発見したのです。

 なんと、ヒグラシ(蜩)は、一日に朝と夕方2回鳴くのです
 
 私は、夕方にだけ鳴くと思ってました。
 蜩は、「カナカナ・カナカナ」って、とても寂しそうな、

 哀愁漂った声で鳴きます。

 その声を聞くと、「ああ、もう夕方で、日が暮れるんだな」と思ったものです。

 しかし、朝方、空が白々とする頃、やはり鳴くのです

 確かに蜩です。間違えありません。

 朝方は、日暮れと同じ明るさなんでしょうかね。

 初体験でした。


                            無限のありがとう   栄
【2009/07/21 22:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
赤塚不二男はバカボンだった?
 お元気様です。

 先日読んだ本に、「バカボン」という言葉の意味が、書いてありました。

 それを知って、ビックリです

 赤塚不二男は、天才だったと思いました。


 お釈迦様を表す言葉が、ブッタとか10種類くらいある。

 そのなかに、「バッキャボン」(サンストリック語、チベット語の婆伽梵女)

=「バカボン」があります。

 
 つまり、バカボンはお釈迦様のことなのです。


 そのことを多分赤塚不二男は知っていて、
「天才バカボン」題名をつけたのだと思います。

 そのことも凄いのですが、さらに凄いのは、

 バカボンのパパが、ちょっと世間的には?と思わせながら、

 「それで良いのだ」に代表されるように、

 全てを肯定する人に描かれている。

 そういう人からは、実は天才が育つんだ、
と言っているのではないでしょうか?

 子供を否定しないで、全面的に肯定すること。
つまり、親の教育の事を言っているのではないでしょうか?


 赤塚不二男さんが、

 そう考えていたとしたら、

 バカボンの生まれ変わりかもしれませんね

                    
                         無限のありがとう   栄
【2009/07/17 17:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
民営化
 お元気様です。

 新幹線に乗るため、東京駅に行きました。
 
 駅構内の変貌ぶりに、びっくり

 品川からいつも乗っていたので、久しぶりに行った東京駅は、大きく変わっていました。

 駅構内の通路に、食事処、お土産屋さん、弁当屋さん、
その他店が所狭しと、出来ていました。

 ちょっとした違和感を感じました。

 民営化の後、色々営利事業をしていると思います。

 感じるところは、闇雲に営利に走っているように思えます。
 
 駅を基点とした街創り。民業と共生する方向性。

 そういう視点での駅開発とは、少し違っているのではないかということです。

 「自分だけ利益が上がれば良い」、という感じがします。

 民営化といっても、交通は、公益のものです。公共性は、絶対にあるのです。

 その公共性=本業を大切にする為の周辺事業だと思います。
 もちろん全部がいけないといっているのではありません。
 

 独占企業体との認識を持って、民営化と、有している公共性との兼ね合いを、
哲学、理念から、考え直してもらいたいと思います。
そう思っている人は私だけでしょうか。

 JRが言っているという言葉が耳に残っています。
 
 「どんなことでもいいから、儲かることを提案してくれ」

                         無限のありがとう   栄

【2009/07/12 12:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
北海道はでっかいど
 お元気様です。

 久しぶりに、札幌に行ってきました

 1円、2円パチンコ等の動向確認です。

 結論から言うと、1円、2円にはお客様が付いているけれど、
4円には、その地域の1番店に集まっている。
後のホールは苦戦している感じでした。

 視察疲れして、ホテルに着いたのは、夜8時半頃でした。

 それから外に行き、夕食。

 生ラムをいただきました

 若い羊の肉で、臭みがなく、脂肪のあまりない低カロリー食です。

 味比べで、2件ハシゴしました。どちらも大変美味しかった

 最初の店で、とても辛くて美味しい、2年漬けているジャンみたいなものがあったので、
無理言って少し持ち帰りました。やはり、寒いところは、辛いものがあっていますね。

 翌日は、最後に小樽まで行きましたが、時間なく、観光は出来ませんでした。
たまには、ゆっくり見物したいと思うのですが。しかたありません

 定点観測に、年2回位来ています。

 今度は、雪の降っているときになるでしょう

           寒いです

                          無限のありがとう   栄
【2009/07/05 17:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |