FC2ブログ
トイレ掃除
 お元気様です。

 久しぶりに、「日本を美しくする会」の学校トイレ掃除に参加しました。
 
 立川の中学校でした。朝は、花冷え?っていう感じの寒さ。桜も、まだ2分咲き位。
 集合した、学校の体育館は、とても寒かった。

 いつものように、班分けされていて、私は3班に配属されました。朝礼の後、早速トイレ掃除です。
 
 今回は、男子トイレの小便器担当。約一時間半、みっちり磨かせてもらいました。
 汚れたトイレを磨き上げると、何とも言えない清清しさを感じます。そして、終了してからのご飯
 (今回はカレーライス)がとても美味しくいただけます。

 掃除をした後で、怒る、怒鳴る、悪口を言うとか、マイナスの感情になることはありません。
 きれいにすることは、やはりプラスの感情を抱かせると思います。ですから、とても良い行動なんです。間違えのないことです。

 「ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる」。鍵山相談役の言葉です。

 今後も、続けて行こうと決心した日でした

                              無限のありがとう   栄

 
スポンサーサイト



【2009/03/30 10:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
障害者雇用
 お元気様です。

 障害者雇用についての説明を受けた。
 講師は東京都障害者職業センターの人。

 説明の中で、驚いたことがあった。

 日本人1,000人に62人が、障害者であり、656,8万人いるとのこと。

 そして、その数は、障害者認定を受けた人の数であり、申請していない人を入れると
 もっと多くなるらしい。

 三栄では、アルバイトさんも入れて、300名近くの人が働いています。
 そうすると、18人近くが障害者であってもおかしくない。
 もちろん職種などによっても違うのでしょうが。

 最も多く雇用している会社で、8,5%だそうです。

 まだまだ、頑張ること沢山ありますね。


 ふっと感じたのだけれど、障害者と健常者の境界はとても曖昧であり、いい加減なものだと言うこ  と。もしかしたら、自分で健常者と思っていても、そうでなかったりすることがあるのでは。その逆も。

  考えてみると、物事は曖昧なことが多いですね。そんな時、もっと上の視点で見てみると、曖昧さ が無くなります。どちらも、同じ人間なんだ、と思ってしまうことです。そうすれば、違いがないことに  気付くはずですね。障害は個性だと思えるのではないか?

  「障害は個性だ」という言葉は、社員から教わりました。その言葉を聴いたときには、涙が出て止まりませんでした。感謝、感謝です。

                              無限のありがとう   栄

 

 
 
【2009/03/25 16:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
太った!
 お元気様です。

 ここ一週間で太ってしまいました!

 お彼岸のせいにしています。

 私の家では、お彼岸とお盆は、親戚回りをします。
 親戚を回って、仏壇に線香をあげてくるのです。
 その時に、お茶菓子が出ます。私はあまり頂かないのですが、自宅でも
和菓子などを用意しておきます。

 すると、やはり皆さんあまり食べないで帰るので、どうしても残ってしまうのです。
 もったいないから、その残りをを食べてしまい、太ってしまうのです

 今年は、和菓子にしてしまったので、結構の数を食べてしまいました。
 そして、彼岸が過ぎてみたら、太っていました!

 毎回そんな事で苦しんでいます

                               無限のありがとう   栄
【2009/03/23 14:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
厳しさ
 お元気様です。

 今日は「厳しさ」について。

 圧倒的に強く、権力あるほうが、無いほうにやさしく接することを、「やさしい」と言うらしい。それ以外の関係では、言わないらしい。

 そう考えると、「地球にやさしい」という言い回しは、オカシイのでしょうね。見方によっては、人間の傲慢になるのかも。

 それじゃあ、「厳しい」とは?

 やはり、同じなのかもしれません。
 圧倒的に優位な立場の人が、そうでない人に厳しくすることを「厳しい」というのでしょう。

 やさしさは、やさしくされた人を楽しくさせ、かつ、感謝の心を持ちます。
 厳しさは、厳しくされた人をどうするんでしょうか?

 やはり、感謝の心を抱かせるんではないでしょうか?
 前提として、「厳しく」することが、その人のためになると信念を持っていること。そして、その気持ちが相手に波動として伝わること。そうすれば、感謝されるんでしょうね。

 以前、会社の再生を手がけてきた人の講演会で、日本の経営者は厳しさが足りないと」、しきりに言っていました。足りないから、倒産までしてしまう。やさしさが、仇となり、行き詰まってしまう。

 厳しくしていれば、その時は波風が立っても、後から見ればよかったと思える。「それをしなくてはならないのが、経営者である」と語っていました。

 小説、「社長の器」を読んだ。そこには、非情で冷たい社長と、温かみのある社長が対比されて書かれいた。読者の誰しもが、温かみのある社長のほうを支持するのだろうが、そんな単純ではないような気がします。非情で残酷な役割を演じることも、社長の務めなんだろう。そんな気がするのです。

 でも、それが自分のためでなく、人のためになるという信念がある限り、ですが。

                             無限のありがとう   栄

 
【2009/03/23 14:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ユニセックス?
 お元気様です。

 先日、男性でブラジャーをしている人がでてきた、と聞きました。
 何でも、胸を大きく(豊満と言うより、胸板を厚く見せる)したい為らしい

 へーって言う感じでした。

 今度は、なんと、女性がフンドシをするという情報です

 TVで見ました。

 フンドシは、フンドシのままでした。手は加えられていなく(少しやわらかそうな生地でしたが)、
そのまんまで、使い方も全く同じ

 大流行とは行かないと思いますが、ユニセックスもここまで来たかという感じです

 まずは、報告まで

                           無限のありがとう   栄
【2009/03/19 09:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
公園
 お元気様です。

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、気温もぐっと上がって、春らしくなって来ました。

 昨日、犬の散歩で、近くの公園に行ってきました。
 
 安、近、短か、とても混んでいました。車も満車。公園の外も、路上駐車でいっぱいでした。

 公園の中は、各々が楽しく遊んでいました。家族連れ、友達、恋人同士など、
暖かい日差しを受けて、元気いっぱいに飛び跳ねていました。

 犬は、青くなっている草もあり、匂いを盛んに嗅いでいました。
犬も新しい季節を感じているのか、元気?に歩いて、ウンチしてました

 春は、気持ちが生き生きする季節だと思います。
 木々の新緑が美しく、命から湧き出てくる力強さが感じられます。生きると言うことが、ただそれだけでウキウキするものだと感じられます。

 花も咲き、チョウチョも飛び交い、多くの動植物が、この時を待っていたかのごとく、一斉に動き始めます。生と動を感じ、生きることは動いていることだとつくづく感じさせられます。

 心がウキウキし、犬のウンチを手にして帰ってきました

                             無限のありがとう   栄
【2009/03/16 15:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
明るいうちに酒を
 お元気様です。

 ごめんなさい。明るいうちから酒飲んでしまいました
 セミナーに行く途中、飲みました

 午後三時半に、東陽町での用事が終わったので、門前仲町に行きました。
 深川不動さんにお参りし、「魚三酒場」を覗いてみました。

 4時02分に着き、一階カウンターに座りました。その時、約23人位、もう座っていました。
 30人で満席。開店数分で、八割稼動です

 早速生ビールと生たこを注文し、飲んでました。
 中年男性が中心でしたが、若い女性客、6人もいたのはビックリ。
 帽子かぶっている人、私を含め3人いました

 「魚三酒場」は、都内でも非常に有名な居酒屋です。良く、マスコミに登場します。
私が、最初に行ったときは、4時10分に着きました。既に一階はいっぱいでした。

 今回、4時に行ったのですが、やはり凄いですね。一階を勘定し、2階に行ってみました。
2階は、30人位。満席ではありませんが、混んでました。考えてみたら、4時30分の段階で、60人の人が飲んでいるのでした。外は、まだ明るいのですが。恐るべし魚三、恐るべし、のんべー!

 5時に店を出て、すぐ近くの「大阪屋」に顔出しました。3人先客がいました。
 お酒と、牛串煮込み10本頼んで、女将としゃべっていました。
 ここも知る人ぞ知る有名な店です。女将一人。客席、10席。つまみは、煮込みだけ。
 いつまでも続いてほしい店の一つです

 セミナーに向かう頃には、酔いが回っていました。でも、居眠りもせず、2時間真剣に聞いていました。最後には、質問してしまったりして。少し酔っていた方が良いのかも、なんて思ってしまったのでした

                           無限のありがとう   栄



【2009/03/10 11:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
輪廻転生
 お元気様です。

 墓参りの帰りの車の中で、思い出しました。

 人は、死ぬと、火葬されます(土葬でも良いのですが)。
 すると、二酸化炭素と水、その他の分子に分かれ、空気中に広がっていきます。

 一人の人から出された二酸化炭素などは、全世界中の一万メートルまでの空気中、
そのどこをとっても、1立方メートルのなかに一個在る量だそうです。

 その二酸化炭素を、植物が光合成で取り入れる。植物の葉に中に入り、酸素は動物が吸う。

 その葉を、人が食べる。また、植物を動物が食べ、その動物を人間が食す。

 そして子供が生まれてくる。

 そんな、自然の循環が、実は、輪廻転生だという人がいました。
            
                         無限のありがとう   栄
【2009/03/01 18:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
墓参り
 お元気様です。

 鎌倉霊園へ、久しぶりに墓参りに行ってきました。
 義理の父親が眠っています。

 何年振りでしょうか?

 自分の家の墓には、近いこともあって、年間かなり墓参してますが

 お彼岸も近いので、犬も連れて、行ってきました。

 小雨だというのに、日曜日のためか、法事の人が沢山いました。
花を買って、墓まで車で行きました。途中、道を間違えてしまい、
場所まで忘れてしまっていたのでした

 鎌倉霊園は、西武が開発し、堤家の墓もあります。西武の新入社員は、
研修の名目で、堤家の墓守をさせられていたことは、有名な話です。

 墓の前に立って、花を生け、線香をたき、拝みました。
 その時、ふっと「千の風に乗って」の歌を思い出したのでした。

 そうか、墓の中にはいないのか。いったい墓参りって何なんだろう?って思ったんです。
その歌を聞く前には、お墓にご先祖様がいる、って漠然と思っていたような気がします。
いないのかもしれないと思うと、何か寂しい気がします。

 それでも、お参りに来るときは、きっと、墓に帰ってきてくれるんではと、密かに
思っています。来るんだったら、墓に帰ってみようという気になってくれるはずです

 そんなことを思いながら、お参りを済ませ、また来るぞと、誓いを立て、帰途に着きました。

                            無限のありがとう   栄

 
【2009/03/01 17:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |