FC2ブログ
おれおれ詐欺
  お元気様です。
  先日、「おれおれ詐欺」に関しての情報を知りました。
  東京都だけで、年間約3500件60億円の被害が出ていて、年々増加の傾向にあるそうです。
  新座であった事案ですが、窓口で年配の人が振り込もうとしているので、確認したら、どうも詐欺らしいとなって、その人に振り込まないようにと言ったところ、「振り込まないと孫が大変な事になる」と言い、、振り込むんだと強固に主張したことを聞きました。やはり、大変巧妙に丸め込んでいると思われます。
  自分だけは大丈夫だと思っている人が一番危ないそうですから、若い人は、常に両親、親族には、連絡を取っていたほうがよいと思います。そのきっかけとして、親の誕生日や、母の日、お盆、敬老の日などの記念日を利用するのはどうでしょうか。おれおれ詐欺対策で、両親などとの連絡がより密になればと思います。そんな事を考えるのは、私だけでしょうか?
                      無限のありがとう   栄
スポンサーサイト



【2008/06/30 10:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三浦綾子
  お元気様です。
  小説家の三浦綾子さん(99年77歳逝去)のエッセイや、自叙伝を読みました。それまで、代表作が、「氷点」であることぐらいしか知りませんでした。氷点が読まれ、テレビや映画化されたとき、私はまだ小学校高学年。ひょんな事から読んでみようと思い立ったのでした。
  まずびっくりしたのは、若い頃から現在まで、病気のオンパレードだったことです。肺結核から始まり、脊椎カリエス、紫斑病、癌、帯状疱疹、そして、今パーキンソン病。細かいのを入れたらきりがないと思います。しかし、それ以上に驚いたのは、本人の心がくじけなかったことです。寝たきりで13年とか、治らない病気とかになっても、恨み言を言うでもなく、決してくじけていないのです。それどころか、段々強く、しっかりとしていくのです。そして、またまた驚くことに、夫も全く病気のことで同情などしていないのです。それでも、夫婦の愛は強固で崇高なものでした。
  うまく表現できませんが、人間ってすごいんだなって、心底感じました。私も、少しつめの垢をもらいたいと心から思っています。氷点も読んでみようかな。
                            無限のありがとう。   栄
【2008/06/24 10:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
副都心線
  お元気様です。
 東京最後の地下鉄、副都心線が14日に開通しました。
 早速乗ってみました。
 成増の駅で渋谷行きを待っていると、一本目は急行で通過。2本目は、新木場行きでしたが乗り込みました。小竹向原で乗換え。ホームには結構人が待っていました。数分後各駅の渋谷行きが来ました。乗り込むと、座れないかな位の混み具合。渋谷まで、約30分弱。かなりゆっくり走っていました。駅では多くの人が乗り降りしていました。私は渋谷で降りましたが、沢山の人が、駅そのものを見物していました。原宿ヒルズの建築家、安藤さんの設計だそうです。あまりの人の多さに、駅員さんも声を張り上げて整理、誘導していました。
 すぐ引き返し、雑司ヶ谷駅で降りました。久しぶりに、鬼子母神にお参りしてみたくなったのです。
 ホームは、地下8階~10階位の深さかな。地上まで、長いエスカレーターを乗り継いで出ました。駅から5分で鬼子母神さんです。
 お参りを済ませ、手帳にスタンプを押し、池袋に歩いて向かいました。途中、商店街のおばちゃんが、「今日はすごく人が多い」と、喜んでいたのが印象的でした。池袋駅まで約10分で着きます。気のせいか、池袋も人が多いように感じました。
 便利になるのは素晴らしいことですが、それと引き換えに何かを失ってしまうのでしょうか?わかりません。でも、今まで不便を感じなかったことに、不便を感じるようになると言うことは、不満を増殖しているのかもしれません。たまには、わざと不便な生活をすることで、失ったものを感じてみたいと思います。そんな必要があるのは、私だけでしょうか?明日から、なるべく不便な生活をしよっと。
                           無限のありがとう。   栄
 




【2008/06/15 18:37】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サービス
  お元気様です。
 先日、銀行の窓口でお金を下ろしました。順番札を取って待っていました。窓口用カウンターはなく、係りの女性が円形テーブルの中に立っていました。
 番号が呼ばれたので、伝票と通帳を渡ししました。2,3分で又呼ばれました。「速い」と感じながら近づくと、女性の斜め後ろに自動支払機が置いてあり、「そこから出てくるので自分で取って、確認下さい」と言われました。機械から、札と硬貨を取り出し、自分で数えて帰りました。
 窓口で待つ時間は、以前より半分くらいになったと感じましたが、なんとも言えず寂しく、ここまで来たかと思ったしだいです。
 人が介在する分、カードで機械から引き出す以上に、冷たく味気なく感じました。人のサービスと、機械のスピードを合わせたつもりなのでしょうが。
 そう感じるは、私だけなのでしょうか?
  パチンコ店でも、パーソナルシステムと言う、玉を積まない、運ばないシステムが出現しています。  良い悪い両面があると思いますが、導入したら、そんな気持ちにお客様が成らないよう、いろいろなサービスを考えなくてはと決意したのでした。
                                    無限のありがとう。  栄
【2008/06/14 12:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
事件
  お元気様です。
 秋葉原で、無差別の殺傷事件がありました。びっくり!何とも言えない、いやな感じです。25歳の男性が犯人。取り押さえられました。
 テレビのワイドショウで、連日事件のことが報じられています。それによると、犯行前に、携帯投稿サイトに多くの書き込みをしていたとのこと。その中で、気になった文章がありました。それは、「会社から出勤してくださいと連絡があるが、手が足りないからだろ。俺を求めているんじゃないんだ」と。色々考えさせられます。
  「あなたが大切なのではなく、働き手がほしいんだ。つまり誰でも良い。個々の人に関心はない」と彼は感じていたんですね。個としての存在価値を、周りの人から与えられなかったんですね。求められる自分像を演じて生きていたのかもしれません。そして、この事件は、「紛れもない自分」が、世の中に対して復讐したということなのでしょう。
 会社では、上司、同僚が自分に関心がないと言う不満があるという事です。実際、アンケートの不満のトップに来ています。人に関心がない、興味がない。このことが、色々な問題の根底にあるのかも知れません。
 私も、無意識にも、人を生身の人間として見ていない時があるかもしれません。恐ろしいことです。人に興味関心を持って、個々の人間に興味を持って、生きて行こうと肝に銘じました。人こそが、最高の教師なのですから。
                                         無限のありがとう   栄
  

 
【2008/06/10 12:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ギャンブルに勝つには
お元気様です。ギャンブルで勝つには?

必勝法は?と聞くと、「やらない事」と答える笑い話があったようですが、必勝法を知りたいですよね。今日はそれを教えます!

一つ目は、気が向かなければ、気が乗らなければ手を出さない。二つ目は、ついていないと感じたら、すぐ止める。三つ目は、ついていると感じていて、気持ちも前向きとします。そういう時に、ある出目が続いて出てきたり、あるパターンを持っていたりした時、次の出目に勇気を持って思いっきりたくさんの金額を賭ける。この三つを守っていたら、勝てる可能性があるという事。日本人で唯一のギャンブラー(オーストラリア在住)が語っています。

しかし、気付いてほしいのは、やらなかったり、途中で止めたりする強い精神力と、ここ一番に賭ける勇気を持っている人が、勝てる可能性があるという事。そういう人はあまりいませんよね。ですから、普通の人は決してギャンブルに手を出してはいけないのです。負けたら止めないで、損を取り戻そうと、深みにはまってしまうからです。

パチンコ、スロットはギャンブルではないので、上記は当てはまりませんのでご注意下さい。海外のカジノですとか、将来日本にカジノが出来たときなどの参考になればと思います。無限のありがとう   栄

【2008/06/05 09:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パチンコはギャンブル?

  お元気様です。パチンコはギャンブルなんでしょうか?

  まず、ギャンブルの定義が必要ですね。日本の賭博法によると、賭博とは「偶然の結果に、任意のお金を賭ける事」と定義されています。偶然の結果とは、たとえばコインを投げて、表か裏かみたいな感じです。任意のお金とは、その表、裏に対して、好きなだけのお金を賭けるということ。表に、一万円とか、裏に千円とかです。パチンコをその観点から見てみます。まず、偶然の結果かと言うと、限りなく偶然に近いですよね。一部、羽根物や、権利物で技術介入性の高い機種がありますが、主力は偶然性が高い機種ですね。次に、好きなだけのお金を賭けられるかという点ですが、何万もつぎ込む事を考えるとそう思われるかもしれません。しかし、時間の経過の結果としてつぎ込むのであって、任意のお金を賭けるとは言えません。なぜならパチンコは、一分間に100発しか飛ばないからです。丁半博打なら、いくらでも賭けれますよね。パチンコは、次の出目に一万円賭ける事は決して出来ないのです。 

 パチンコはギャンブル=賭博ではないのです。技術介入性があり(自分でハンドルを操作すること)、100発しか飛ばないからなのです。もちろん、スロットも同じ理由でギャンブルではありません。しかし、景品が遊技の対価としてもらえるわけですから、射幸心を刺激するは間違えの無いところです。その為に、色々な規制があるわけです。

  以上は、私の個人的な考えなのですが、間違っていたらごめんなさい。

無限のありがとう   栄

【2008/06/02 18:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |