FC2ブログ
元旦
       菅原神社深夜の初詣

   お元気さまです。

  皆様、今年の正月は、如何でしたでしょうか?

  私は、毎年、大晦日に、氏神様でへ1年のお礼、感謝の言葉を捧げます。

 その後、神社で、新年を迎えます。


  氏神の菅原神社は、毎年夜中の参拝客が、600人程度いらっしゃいます。

 今年は、寒く風も強かったため、少し減りましたが、5百人以上は訪れていました。

      菅原神社深夜の初詣
      寒さの中並ぶ人達

  深夜2時頃から、「元旦祭」が、神殿で行われます。

 その後、なおらいを軽くして、帰宅。

 ここ数年、同じパターンです

 朝方眠るため、テレビの初日で、間に合わせています

    テレビでの初日の出


       今年もよろしくお願い致します。


                          無限のありがとう   栄

スポンサーサイト



【2020/01/08 15:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
庚・子
  新年おめでとうございます。

  昨年は、あまり書かなかったので、今年は、気合を入れていきます。

 今年は、「庚子」。

 調べてみると、新たな変化が生じ、新しい生命(いのち)の兆しが伺える年、とあります。

 「新たなことへのチャレンジ」、今年のテーマにしました。

   一年間、よろしくお願いいたします。


                              無限のありがとう   栄
【2020/01/01 08:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
親切
   お元気さまです。

  久しぶりに、書いています。

 このところ、あまり書く気がしなかったもので


  最近、車椅子を押す機会が、増えました。

 すると、色々なことが見えてきます。

 まず感じるのは、道のこと。

 車椅子には、不便なことが多いです。

 それは、「段差」がついている事。


  先日、ある古いビルに入る時、道とビルの間に、結構な段差があった。

 車椅子に乗ったまま、持ち上げられないので、何とかしようと思っていたら、

 ある女性が近づいてきて、助けてくれた。

  それを皮切りに?多くの場面で、多くの人に、助けて頂きました。

  感謝、感謝。

 なんて親切な人が多いんだろうと、しみじみ思いました。

  とくに女性。そして、若い人。

 日本の未来、すてたものではありません。

 GDPがどうの、成長がどうの、ではなく、未来を造るのは若者なので、

 日本の未来は、素晴らしいと心から感じたのでした。


                             無限のありがとう   栄


【2019/12/09 16:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
改善と革新
   お元気様です。

  最近、大学病院に、よく行きます。

 東京医科歯科大学付属病院と、慶応病院。

 どちらも新築ビルをた建て、大きくなりました。

 最後の清算に、改善と革新の差が現われている。

 医科歯科は、、改善して、集中管理方式を徹底した。

 一般的な、治療費計算と支払いを、一か所で行う方式。

 慶応は、革新した。

 分散型を採用し、治療費の計算は、各々の、診療箇所で、計算し、

 支払いを、入口付近の清算機で行う。

 医科歯科は、以前に比して、待ち時間が、長くなって、

 それ故、患者側に、負担がかかってしまった。

 病院側は、合理化できたのだが。

 慶応は、全く違うやり方を採用し、時間は大幅に短縮された。

 事務員は、増えていると思うが、患者は楽になった。

 慶応病院の革新は、素晴らしいと思います。

 
  いま、革新が、求められている。


                    無限のありがとう   栄

 

【2019/11/12 22:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
百寿
   お元気さまです。

  百歳の叔母が、他界しました。

 叔母は、今年満100歳、百寿を、家族親戚が集い、お祝いした

 板橋区、東京都から、敬老の日に、祝いの品も届いた。

 貰うものをもらったら、ぴんぴんコロリ、亡くなった

 天寿を、全うしたと思います。


  農家の長女として、大正8年に生まれた叔母は、

 小学校も、ロクに行かせてもらえず、

 卒業すると、奉公に出された。12歳。

 朝から晩まで、働きづくめ。

 とても苦労したと、思います。

 しかし、晩年は、ゆったりとした時を過ごし、

 幸せに、生活をしていた。

 信心深く、毎朝のお経も、欠かさなかったらしい。

 黄泉の国に行く顔は、とても穏やかで、やさしかったです。

 うらやましいぐらいでした

  私も、あやかりたいものです。

 
                         
                           無限のありがとう   栄

【2019/11/08 17:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ