FC2ブログ
改善と革新
   お元気様です。

  最近、大学病院に、よく行きます。

 東京医科歯科大学付属病院と、慶応病院。

 どちらも新築ビルをた建て、大きくなりました。

 最後の清算に、改善と革新の差が現われている。

 医科歯科は、、改善して、集中管理方式を徹底した。

 一般的な、治療費計算と支払いを、一か所で行う方式。

 慶応は、革新した。

 分散型を採用し、治療費の計算は、各々の、診療箇所で、計算し、

 支払いを、入口付近の清算機で行う。

 医科歯科は、以前に比して、待ち時間が、長くなって、

 それ故、患者側に、負担がかかってしまった。

 病院側は、合理化できたのだが。

 慶応は、全く違うやり方を採用し、時間は大幅に短縮された。

 事務員は、増えていると思うが、患者は楽になった。

 慶応病院の革新は、素晴らしいと思います。

 
  いま、革新が、求められている。


                    無限のありがとう   栄

 

スポンサーサイト



【2019/11/12 22:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
百寿
   お元気さまです。

  百歳の叔母が、他界しました。

 叔母は、今年満100歳、百寿を、家族親戚が集い、お祝いした

 板橋区、東京都から、敬老の日に、祝いの品も届いた。

 貰うものをもらったら、ぴんぴんコロリ、亡くなった

 天寿を、全うしたと思います。


  農家の長女として、大正8年に生まれた叔母は、

 小学校も、ロクに行かせてもらえず、

 卒業すると、奉公に出された。12歳。

 朝から晩まで、働きづくめ。

 とても苦労したと、思います。

 しかし、晩年は、ゆったりとした時を過ごし、

 幸せに、生活をしていた。

 信心深く、毎朝のお経も、欠かさなかったらしい。

 黄泉の国に行く顔は、とても穏やかで、やさしかったです。

 うらやましいぐらいでした

  私も、あやかりたいものです。

 
                         
                           無限のありがとう   栄

【2019/11/08 17:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
   お元気さまです。

  10月22日、「即位礼正殿の儀」が、行われた。

 朝から、雨でした。

 私は、天気の事を、気にしていました。

 天が味方で支援してくれるなら、晴れると思っていた。

 しかし雨、結構な降り方でした。

 しかし、「即位礼正殿の儀」が始まると、何と、雨がやみ、虹が出ました。

 これはまさしく、天が祝福していると、確信しました。

 天皇は、神ではないが、神様が応援している人に、間違いなし。


  ハレの日に、晴れた。


                       無限のありがとう   栄
【2019/11/01 10:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
寂しさ
お元気さまです。

今日これから通夜に行ってきます。

最近の訃報は、私と同じ年代の人が多くなってきた。

先日は、後輩。今日は先輩。

ちょっと前は、後輩だったが、半年前に一緒にゴルフをしていた。

それから半年後に、訃報。

何とも言えない寂しさがあります。

人は、一人で生まれ、一人で死んで行く。

しかし、その周りには、多くの人が見守っている。

家族は言うまでもありませんが、友人、仲間
【2019/10/29 16:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
水害
   お元気さまです。

  台風による水害が、多発した。


  米作りを始めた弥生時代、「水」はとても、大切でした。

 イネの栽培には、水の管理が、必要でした。

 治水の歴史が、日本の歴史、そう言っても過言ではありません。

 もちろん、災害対策、水路での輸送等の必要もありました。


  江戸時代以降、田畑や山林は、人口の増加に合わせて、宅地開発が進みました。

 その結果、土地の保水能力が大幅に減り、昔の治水対策では、

 スーパー台風や、ゲリラ豪雨による大雨には、限界がある事を

 改めて、知る事に成りました。


  どうしたら良いかは、わかりませんが、自分事と捉えて、

 利便性を求める生活を、見直すしかありません。


  自然への畏敬の念を、改めて、抱かされました。



                             無限のありがとう   栄




【2019/10/16 09:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ